店長の伊東です。

いや~、またですよ。また。

「バター不足」

バターの写真

バター不足とは?

細かい説明は、他サイトやテレビでも色々と紹介されているので
そこは譲りますが、バター不足の影響で、私達洋菓子店も、

バターの納品制限

をかけられてしまっています。
私達のお店の場合は、昨年対比80%迄の制限となっています。

つまり、去年と同じ量は作れないという事です。

『毎月のバターの納品実績が少量のお店については
納品自体を断るという事もあります。』

業者の方が言っていました。『過去の実績が少ないお店には
バター不足なので、バターの納品は出来ません。』

という事です。

いやいやいや。。

洋菓子店や、パン屋でバターが無くて、
どうやって作るの?

という声が聞こえてきそうです。。。

売上が伸びているお店については、【過去の実績を踏まえて】
と言いますが、過去の実績を上回り伸びているお店はどうするのでしょう?

また、新規開業するお店はどうするのでしょう?
過去の実績、無いですよね?

以前の北海道の地震の時に工場が止まり、その時にバターの製造も
当然止まったわけで、その影響が出てきているそうです。

ポッシュ・ドゥ・レーヴでは、バターの代用品である、
マーガリンなどは使いませんので、仕入れ先を分散し、
何とか確保するか、どこか独自で仕入れを努力するか?

何かしら、バターの確保を考えていきたいとは思っていますが、
現状では、バターの納品制限がかかっている状態です。

製造への影響について

上記のように、バターの納品数量自体が少なくなっている為、
作りたくても作る事が出来ません。

その為、毎月仕入れが可能な範囲で出来るだけ製造をする。

という事になります。

その為、時期によっては製造自体が追いつかず、欠品してしまったり、
実は今月はバターがもう入らないので、来月のバターの納品まで待ち、
その後製造をするのでそれまでお待ち頂く。

という状況が起きる可能性があります。

そうならないように、様々な努力をしていきたいと思っていますが、
もしご迷惑をおかけする事になった場合はすみません。

バターの価格も毎年上がり続けていますし、

本当に困ったものです。

原因は?

酪農家の減少、バターは工程上、生乳から最後に作られるものであり、
酪農家の減少などにより、生乳自体がまず減少している中、バターを
先に確保するのは難しい。

少ない時は、バターは海外から輸入すればいい。しかし、
輸入数量は国が決める。

など等、私達ではどうにもできない事が多いのが現状です。

ポッシュ・ドゥ・レーヴの考え

上記にも記載しましたが、バターの代用品となる
ショートニングや、マーガリン等は使いません。

発がん性物質の問題、風味の問題から使いません。

その為、仕入れる事が出来る範囲で、商品品質を優先しての
ご用意とさせて頂きます。

個人的には、納得がいかない事、不本意な事が多いのですが、
自分達に出来る事に注力をしていこうと思っています。

出来るだけ、お客様にはご迷惑がかからないように努力します。

宜しくお願いします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください