こんにちは、店長の伊東です。

秋から登場する人気のケーキ「モンブラン」です。

ポッシュ・ドゥ・レーヴ芦屋でご用意している商品の中でも
トップクラスのご支持を頂いているケーキが始まりました!

「栗」を贅沢に味わう王道のモンブランです

今回はどのように形作られていくか?という所を
お伝えします!

ポッシュ・ドゥ・レーヴならではのモンブラン

モンブランというと、多くの方にとって聞きなれた「良く見るケーキ」
ではないでしょうか。

良く見るケーキですがお店や作り手によって、様々なモンブランがあります。

ポッシュ・ドゥ・レーヴ芦屋では、やはりポッシュ・ドゥ・レーヴにしかない
モンブランを作りたい!という事で、シェフが創り上げました。

ポイントは大きく2つあります。

①フォルム:独自性ある見た目

モンブラン

素敵! 自画自賛(笑)

中々こんなモンブラン見たことないのではないでしょうか?

これ、本当に難しいのです。
後ほど、ご紹介します。

②栗をしっかり味わって頂く為に手間をかける

モンブランって、栗を使いますので、栗は、固く作業性が悪いので、
モンブランクリームを絞る時など作り手にとっては、作業しずらい
場合が多いです。

その為、生クリームをモンブランクリームに足したりして、作業性を
良くして、クリームを作る事が良くあります。

しかし、これをやると、生クリーム等の味が出てきてしまい、
栗をしっかり、しっかり味わって頂くという王道のモンブランからは
少し外れてしまうかなと感じます。

また、作り手側の作業性を理由にするのもおかしな話かと思います。

そこで、ポッシュ・ドゥ・レーヴでは、モンブランクリームを
栗だけで作ります。

やってみるとわかりますが、栗は結構固いです。
それをゴムベラで、ダマが出ないよう、ひたすら地道に地道に
クリームにしていきます。

かなり、作業性悪いです。手首痛くなり、正直辛くなります。

しかし、

「栗本来の良さをしっかりと味わって頂くことが出来ます!」

だから、頑張ります!

このように形が出来ていきます!

では、シェフがどのように仕上げているかご紹介します。

土台を用意します

卵白を泡立ててメレンゲを用意し、1個1個絞って
長い時間かけて焼成して作った土台に、栗をのせて、
生クリームを絞った土台です。

もうここまでくるだけで、数時間かかります。

モンブラン土台

モンブランクリームを絞ります

モンブランクリームを絞る①

モンブランクリームを作るのに、手首を酷使しますのでこの時点では
もう本当に辛かったりするのですが、ここから絞っていきます。

絞るのも、栗100%でクリームを作りますので、「硬い」ので、
握力が必要になります。

凄い集中力!

さらに絞ります

モンブラン絞り②

絞るだけで手が痛いです。。

栗を載せて仕上げます

モンブランナパージュ

1個1個丁寧に仕上げていきます。

あともう一歩!

完成!

モンブラン

できました!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

モンブランは、1個仕上げるのにも、大変多くの工程と時間がかかります。

また、栗100%で作るので、店長の私としては、原価が・・・・高い!

モンブラン1つ仕上げるのに、イタリア産の栗を中心に2種類の栗を使用しています。


ポッシュ・ドゥ・レーヴにしかない王道のモンブラン


 

是非、一度ご利用下さい!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください