こんにちは、伊東です。

今回、以下のサイトでパティシエの方に向けて経営者である
私、伊東が主に語るブログサイトを立ち上げる事に致しました。

https://president-blog.poche-du-reve.com/

オフィシャルサイトから直接バナーを貼るよう準備中です。
その為、取り急ぎこちらのブログでご紹介したいと思います。

タイトル『パティシエ成功への道』

対象は、

・現役のパティシエの方
・将来パティシエになりたいと思っている方

です。
すみません。お客様向けではありません。

お客様には、公式ブログから色々と情報発信して
いこうと思っております。

ブログ立ち上げの経緯

洋菓子店を経営して約10年が立ちました。
私自身は、パティシエではなく、別の業界で
サラリーマンをしていました。

そして全く別の業界である、洋菓子業界に
関わる事になりました。

そこで感じた事は、色々とありますが
そのうちの一つは、

当初持っていた夢や目標を途中で諦める
パティシエが多すぎること

(100人のパティシエがいたら、3年後には
10人、10年後には1人残るかどうかという世界)

です。
また独立できたとしても、パティシエとして働いていた
時以上に苦しんだり、閉店してしまう事になってしまう
人も多くいます。

その原因は何か?

私なりの答えは、

『道しるべが無いこと』

だと思っています。
職人の世界ですので、どうしたらパティシエとして
成功できるのか?独立して成功できるのか?

教えてくれる人は中々いないのが現実だと
思います。

私はまだ10年程度の洋菓子店の経営経験なので
まだまだヒヨッコ経営者です。

でもそんな私でも、一応経営者として10年やってきている
事もあり、その成功・失敗事例や考え方というのは、
少なからず皆さんの役に立つ事は出来るのではないか?

そう考えるに至りました。

微力ですが、小さな一歩を踏み出すという意味で、
この「パティシエ成功への道」を立ち上げて情報発信を
していこうと思います。

パティシエの方へ

パティシエにとっての「成功」とは何でしょうか。
私が考える成功は、「一人一人がパティシエとしてどういう状態を
目指すかを明確にし、それを実現すること。」だと思っています。

一人一人にそれぞれの「成功」があると思います。

「人に感動してもらえるお菓子を作りたい」
「独立を果たしたい」
「独立するだけではなく、事業として軌道にのせたい」

そして、その成功への道というのはある一定の法則、
ある一定の通らなければいけない道というのがあると思います。

例えば、

・製菓理論を学ぶ事
・社会人としての基本的な仕事の仕方を習得する事
・自分自身の人間性を磨き、高める事
・製菓技術を磨き、習得する事

などです。
どういう「成功」を目指すにしても、必ず通らなくては
いけない「道」があると思います。

このブログでは、パティシエ成功への道 と題していますので
まさにその「道」を伝えていけるように努力したいと思います。

あなたのパティシエ人生に役立てて頂けると嬉しく思います。

最近は女性のパティシエ(パティシエール)で頑張っている
方も多いと思います。

当店のシェフ伊東 福子も子育てをしながら、頑張っています。

シェフから聞いた事や大切だと思う事も同時に発信して
いきます。
参考にして頂けると嬉しく思います。

シェフ画像

最後に

パティシエの皆さんと同じように私自身も
洋菓子店経営者としてうまくいかない事も多く、
試行錯誤の毎日です。

ただ、経営者という立場という事もあり、
『途中で諦める』という選択肢はありません。

様々な問題、課題に対し、解決するにはどうするか?
どうすべきか?を考え、行動をし、結果を振り返る日々です。

そんな試行錯誤の日々も皆さんの参考にして頂けると
良いと思っています。

私が尊敬する経営者の方から教えて頂いた事があります。


『成功する為に必要な事は一つしかないんだよ。』

『成功するまで努力し続ける事。』


この言葉は私の人生における一つの指針になっています。

この気持ちを持ち、私自身努力をしていきたいと思っています。


「パティシエ成功への道」
~現役洋菓子店経営者だからわかる
パティシエに役立つリアルな情報をお届けします~
https://president-blog.poche-du-reve.com/


是非宜しくお願いします。

 

“パティシエの方に向けて経営者が語るブログ始めました!” への3件のフィードバック

  1. 伊東様

    初めまして。
    ブログ拝見させて頂きました。
    私の娘も、この春専門学校を卒業し、都内のパティスリーに内定していました。昨年末からは、アルバイトで通っておりました。
    ですが、今月に入り娘の様子がおかしくなりまして、現在は辞めています。
    毎日朝早くから遅刻もせずに、必死で通っていたのですが、シェフからの強い指導や、プライベートへの介入、、新人に期待なんかしない、4月からは1か月で辞めさせてやるなどの暴言。常に、お店のことを1番に考えることなど、疑問を持ちながら、そうでなければならないと思って働いていたようです。毎日先輩に、段取りのLINEをしたり、24時間仕事に縛られているような。
    話せば長くなってしまいますが。
    娘は、シェフの指導についていけなかった自分がダメな人間だと。三年も学校に行かせてもらったのに、なんにもできなくて、ごめんなさいと。
    夫と私は、娘がパティシエになる事より、心も身体も健やかに、元気でいてくれる事のほかに何もいらないのです。
    学校は、内定していた事を取り消すような事態は、次に求人を貰えなくなるなど、都合が悪いようです。また、本人の希望があっての就職先の紹介なのでと言う事でした。
    想定内ではありましたが、
    次に続く人達を育てる事にたち遅れている業界だと分かりました。
    これから先に、娘がまた、パティシエにと考えるかは分かりませんが、今は心身ともに休めるようにと思っています。
    伊東様の思いが、どうか、広まり浸透しますように。本当に祈っています。
    長文失礼致します。

    1. ご連絡ありがとうございます。

      内容拝見しました。
      心中お察しします。

      私の姪も実は東京のある有名レストランに就職をしましたが同じような状況でパティシエを辞めることになりました。
      3ヶ月でした。
      度を過ぎた人格否定や暴言など娘さんが直面してしまったことは残念ながら良く聞く話です。
      関西でも昨年暴力沙汰で逮捕されたオーナーがいます。

      私自身は経営者であり、パティシエ経験もありません。
      その為、今でもそうですがこの狭い世界の異常さについては疑問に思うことは多々あります。
      時代の変化にも取り残されている業界だと思います。

      すぐに変わることは残念ながら無いと思います。

      問題意識を持つ一部のオーナーや経営者が日頃の葛藤や疑問、悩みと戦いながら何とかまず自分のお店という狭い世界だけでも良くしていこう!というくらいが今の所は精一杯です。
      ただ最近では、働く環境の整備・改善や、昔ながらの働き方を改善しているオーナーや経営者も多くいます。

      そういうお店や会社の小さな改善が将来の大きな改善につながるのだと思っています。

      私自身もまだまだ自店舗すらまともに運営ができていませんが、今後も努力していこうと思っています。
      娘さんがまず心身ともに休めるようになり、前向きに人生を歩んでいけるよう祈っています。

      1. 伊東様

        お返事有難うございます。
        私も、20年以上介護の仕事をしていますが、同じように離職率の高さや、低賃金など、課題はまだ多い業界です。働く場所による差も大きく
        若い人が育っていける環境もまだ足りません。
        伊東様のように、ものつくりへの情熱と、共に成長し、歩いていける場所つくりを、実践なさっている方に出会えた方が、引き継いで広まっていく事を祈っております。
        伊東様のブログや、お店のことを、娘に伝えてみようと思います。
        長い人生ですから、休み休みいくのもよいかと思っています。
        コロナ禍で、誰しもが晴れない気持ちになりがちですが、
        心ほどける優しいお菓子に癒される事ができたならと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください