ポッシュ・ドゥ・レーヴ芦屋、店長の伊東です。 

実は、大変心苦しいのですが、12月1日から和三盆リングサブレ、和三盆ボーロの価格改定をさせて頂くことになります。

10月から輸入小麦価格が19%上昇、中国の石炭輸入停止に伴う、フィルムなどの包装資材の高騰、資材大手企業の操業停止による供給量の減少による価格高騰など諸々の事情から、やむを得ずこのような判断を致しました。

以下、背景などをご説明致します。

———— 目次 ————–

・原材料価格の高騰について

・資材価格の高騰の背景と経緯

・新価格と変更時期のご案内

・最後に

———————————–

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 原材料価格高騰の背景にある「世界的な需要拡大」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

お菓子の原材料は、輸入品が多くを占めます。

小麦、バニラ、アーモンド、砂糖、ナッツ類などです。

ここ数年で特に中国を始めとする世界的な需要は拡大し続けています。

一昔前までは日本に優先的に輸入されてきた原材料についても、現在では中国などが優先されるということが非常に増えてきています。

日本の経済が停滞している間に、海外は大きく成長しています。より多く消費されるところに原材料が向かうのは今後も不可避です。

バニラは、この10年で20倍に高騰しています。(500g5400円だったのが、今は10万円を超えます。。)

小麦においても、今年夏の天候不順に加えて、中国の大量買付、コロナの影響でコンテナ船などの船が不足することになり海上運賃は2~6倍になり、それが価格の高騰要因となっています。

最近では、ニュースなどでも小麦価格の高騰や、海上運賃の高騰、世界的需要の拡大など報道されるようになってきています。

砂糖も1月、6月、12月と今年だけでも3度の値上げが行われています。

和三盆糖についても今年8月より2.5%値上げが行われています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 資材価格の高騰の背景にある「原油価格や中国」事情

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

包装資材についても高騰が続いています。「原油高」が大きな要因です。

過去1年で、1バレル40ドル程度から80ドル台になっています。

原油価格高騰はプラスチックや紙など包装資材の値上がりに直結します。

また、中国が石炭の輸入を停止しました。

その影響で、中国国内で電力不足により、フィルムの接着剤の製造が止まり、それによってフィルムの製造もストップしてしまい、供給不足によって価格高騰を招いています。

当店においても、和三盆リングサブレの袋(フィルム)は37.7%仕入れ価格は上昇しています。和三盆ボーロなどに使用する包装資材は57%上昇しています。

原材料においても、包装資材においても難しい問題が山積していますが、仕入れ価格上昇分についてはこれまで当店で吸収し、価格維持に努めてきました。

しかし、あまりにも価格の高騰が続いているということと、働く従業員の労働環境の改善を進めていくにあたり、現状のまま価格を維持していくことは非常に難しい状況になってきております。

今年の春頃から様々な検討を続けてきていましたが、今回価格改定をさせて頂くことになった次第です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 新価格と変更時期のご案内

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■対象商品    

・和三盆ボーロ

・和三盆リングサブレ

・和三盆リングサブレを含むギフト

■価格改定時期  

2021年12月1日より

■価格(税込)

・和三盆ボーロ

(10個入1箱) 750円

https://online.poche-du-reve.com/shop/g/gWasanbon-06/

・和三盆リングサブレ

(1枚)180円

(9枚入1箱)1,760円

(18枚入1箱)3,480円

(27枚入1箱)5,390円

https://online.poche-du-reve.com/shop/c/c10/

・焼菓子アソート

(9入1箱) 1,780円

(15入1箱)3,070円

(27入1箱)5,570円

https://online.poche-du-reve.com/shop/c/c30/

・サブレアソート

(9入1箱) 1,620円

(18入1箱) 3,200円

(27入1箱)4,970円

https://online.poche-du-reve.com/shop/c/c20/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 最後に

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

長年、当店をご利用いただいているお客様には大変申し訳なく思っておりますが、何卒、ご理解をいただければと思っております。

 

コロナ禍、世界的な需要拡大、日本経済の停滞、原油高、原材料高、働き方改革など私達のような小さな洋菓子店にとっては「試練」とも呼べる大きな変化が起きています。

このような中でも、様々な経営努力をすると共に、お客様に本当に喜んで頂けるお店作り、お菓子作りに真摯に取り組んでいきたいと考えています。

 

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。