『夏』の苺のショートケーキは避けた方がよいです。

でもなぜか夏でも販売されている
「苺のショートケーキ」。

ポッシュ・ドゥ・レーヴでも何度お客様から、

「苺のショートケーキはないの?」

と聞かれたことでしょう。
夏時期には、苺のショートケーキのご用意ありません。

『無い』というより、『ご用意出来ない』のが正確な
ところです。

その理由について店長伊東がお伝えします。

理由①アメリカ苺

アメリカ苺

輸入苺です。これが夏場は主流です。

見た目は苺ですが、、
美味しくありません。。。

アメリカから輸入するのに、何日もかかるのに全く傷んでいない。。

逆に怖いですね。。
こんなの使えません。。

完熟苺なら1日で傷みます。

理由②国産はないの?夏苺。

一応仕入れる事は出来ます。長野、北海道等の地域で主に
生産されているものです。

完熟されたものを北海道まで毎回受け取りにいけませんし、
流通させるという事は、いわゆる完熟していない状態で
苺を収穫するので、100%の苺ではないと思います。

未熟な苺いわゆる、「青獲り」というものです。
しかも、仕入れも高い!

ん~、使えません。。

でも、

①のように美味しくない、②のように
仕入れも高いのに何で販売するの?
と思いませんか?

理由③が、一番の理由かもしれません。。

理由③とにかく苺ショートは売れる!

この事に尽きるのではないでしょうか。

本当はダメだと思います。

だって、お客様目線じゃないですから。

私もこの事を初めて知った時は驚きでした。
語弊を恐れずにいうと、

お客様も無知だし、お店側も理由①②を説明する義務が
あるのにお客様に伝えていない。

ケーキ屋をやっている人間が言っていいのかわかりませんが、
「売れればそれでいいの?違うでしょ!」と思う訳です。

ケーキは毎日の食卓に無ければいけないものではありません。
嗜好品です。

では何の為にあるのでしょうか?

「ケーキとは幸福感をお届けする為にある。」

と思うのです。

日頃頑張っている自分に美味しいケーキで一息ついて
「お疲れさま。私。」と言ってあげること。

1年に1度の誕生日。
その日は、その人にとっては、一生に一度です。
心から「おめでとう」を伝えること。
幸せな時間を過ごすこと。

その瞬間にケーキというのは存在しています。

だから、作る側の、販売する側の私達はその商品の先に
いるお客様の事が想像できなくてはいけません。

絶対にお客様目線を忘れてはいけない。

完熟苺アメリカ苺とは全然違うと思いませんか?

ポッシュ・ドゥ・レーヴでは、12月~5月頃までの苺ショートのご用意です。

完熟した苺を朝に収穫を頂いて、それを農家さんの所まで行き、直接
仕入れています。

まとめ


・夏苺は美味しくない。(特にアメリカ産)

・国産の旬の時期でかつ完熟苺がやはり美味しい

・商品の先にいるお客様の事を創造してお菓子を
作らないといけないという事。


ポッシュ・ドゥ・レーヴでは、今の時期は『桃』です。

https://www.poche-du-reve.com/peach-sponge-cake

こちらでご紹介しています。是非ご利用下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください